粉ミルク 調乳 水



粉ミルクの調乳に適した水は?

哺乳瓶、ミルク、調乳ママになって必ず直面するのは調乳。
産院で教えてもらうことは基本的な手順で、哺乳瓶の衛生管理などは誰も教えてくれません。
そして調乳に使用する水もしかり、ママ自身が勉強し、選ぶことになります。
特に東京都内の浄水場で放射性物質が検出されてからミネラルウォーターを購入するママが増え、いくら水道水に危険があってもミネラルウォーターも赤ちゃんには良くないんだょ!という警告を日本の粉ミルクを製造している各企業では相次いで発表しています。

発表された調乳に適した水のミネラル含有量は以下の基準が発表されています。

-硬度:60以下赤ちゃん、乳幼児
-pH:6~8
-Mg(マグネシウム):30mg/L以下
-Na(ナトリウム):42mg/L以下
-Ca(カルシウム):285mg/L以下
-K(カリウム):367mg/L以下

上記の基準は「以下」という表現がされていますが、赤ちゃんには極力この数値が低いことがベスト。
内臓の発達が未熟な赤ちゃんにとって水のミネラル分は、ミルクの栄養バランスを崩し、お腹を壊す原因になります。
衛生面でもミネラルウォーター・天然水系は加熱殺菌・無毒化されていないので不向なのです。

そこで日本でサービスが受けられるウォーターサーバーのミネラル分について分析をしました(赤ちゃんに適したミネラル分の少ない水は‘軟水’で、マグネシウム、ナトリウム、カルシウム、カリウムの含有量が少ない水は「超軟水」と言われています)。



無題.png
Real_col_Attention.png中には基準を超えているものもあるので要注意!!



実際、多くのママに支持されている水はミネラル分がほぼ0のハワイウォーターとアルピナウォーターです。
どちらの水もアメリカ航空宇宙局 (NASA) で開発されたROシステムで浄水されているのできめ細やか。この状態を純水、もしくはピュアウォーターと呼びます。水から物理的な処理によって不純物(塩類や残留塩素がほとんどすべて除去された状態)を除去した、純度の高い水のことを言います。
純水(ピュアウォーター)は赤ちゃんだけでなく、アレルギー体質の方にも安心して利用されています。



▶▶ 赤ちゃんミネラル分のない殺菌されたピュアな水が1番!


放射能汚染の心配がないオワフ島から!安全なハワイのオワフ島のハワイウォーター

日本産で唯一のピュアな水は北アルプスから!北アルプスの湧水から生まれアルピナウォーター

ウォーターサーバーの調乳方法は?



それでは実際、ウォーターサーバーを利用して調乳しているパパ・ママはどんな手順で調乳をしているのでしょうか?

お湯で充分に粉ミルクを溶かしたのち、水を入れ濃度・温度を調整

ハワイウォーター、ガロンボトル

純水(ピュアウォーター)の場合、煮沸せず、新生児からそのまま煮沸した哺乳瓶に粉ミルク(固形一袋)をいれ、 少量のお湯で溶かします。ここに水を追加し適温にし、赤ちゃんにあげています(念のため、パパ・ママの手の甲で温度がひと肌が確認しています)。
ウォーターサーバーは透明の容器で残量の確認もしやすく、ぐずってからすぐにつくってあげれるようになりわが子の機嫌も良くなりました。

ウォーターサーバーの水、煮沸しないで大丈夫?

いくら浄水、殺菌されていても(本当に大丈夫?)と心配になる親心。
手を抜いた家庭の実践法じゃないの?と疑う気持ちもあったり。
しかしサーバーから直接、調乳できるのが実はピューアウォーター(純水)の凄いポイント。
ウォーターサーバで雑菌が繁殖する原理って知ってますか?
それは「ミネラル分」なんです!!

ピューアウォーター(純水)で軟水の特徴は、ミネラル分がほとんど含まれていないということ。すなわち雑菌が繁殖しにくく、水の品質を担保できるのが特徴です。
こんなに優しい水が他社よりも消費期限が長い理由がここにあるのです。

一部のインターネット上の情報では「サーバに部屋中の空気が混入し、雑菌が繁殖するからよくない」とありますが、これは間違い。そもそも繁殖しにくい性質なので問題ありません。

赤ちゃんの為に、正しい知識と情報でウォーターサーバーを選びましょう!

赤ちゃん、ベビーカー





▶▶ 赤ちゃんには確かな品質で楽に調乳できるものが1ベスト!

大自然の仕組みで自然とろ過されたハワイウォーター

北アルプス天然のフィルターで磨かれたアルピナウォーター